悔いのないよう一日を過ごしていきたい

投稿者: | 2020年10月16日

昨日NHKのクローズアップ現代でALS患者の特集が放映されていました。(ALS 当事者たちの声)

今年の7月にALS患者の女性が嘱託殺人を依頼した事件(難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患う女性の依頼を受け、薬物投与で殺害した事件から3か月。同じALSで闘病生活を送る当事者たちの声を聞いた)がニュースになっていましたが、この病気は頭がしっかりしているのにかかわらず体が動かせなくなっていくということで、相当しんどい病気だなあと思います。

病気が進行するうちに自発呼吸ができなくなり、人口呼吸器をつけるかどうかの選択を迫られることが多いようです。

人工呼吸器については7割が経済的な理由や介護の負担を考えてつけずに亡くなるとのことでした。

自分の家族がこの病気になったら人工呼吸器をつけてでも生きてほしいとは思いますが、もし自分がこの病気になったら生きようと思うかどうかは微妙ですね。

日頃つまらないことに不満を感じることがそこそこある自分ですが、体が動いているだけありがたいことだなとしみじみ感じました。

もっとも一番上の記事によると発症したのは45歳だそうなので、自分もこの先もしかしたらこの病気になるやもしれませんけどね。

そうなったとしても悔いのないよう一日を過ごしていきたいものです。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA