33兆円負債の「中国恒大」救済は反発も

投稿者: | 2021年9月21日

今日はだいぶ下がりましたね。自分の少ない含み益もだいぶこの下げで失われてしまいました。

中国の恒大集団の破綻危機が噂されているからだとのことですが、今この原稿を書いている段階では多分破綻しなさそうということで先物が上がっています。(33兆円負債の「中国恒大」救済は反発も)

こんな感じでそのときの雰囲気で上下するところが本当にいいかげんですね。何度も書いていますが、真面目に相場と向き合うと頭がおかしくなります。

恒大集団の債務は33兆円だそうですが、そもそも先進国でこんな怪しげなところに投資しているとこがどれだけあるのかという感じですね。

以前同じく、企業の破綻で世界中が混乱したものではリーマンショックがあります。

このときはリーマンブラザーズがアメリカの企業であり、信用があったため起こったわけですが、そもそも中国企業には信用などないわけです。

そう考えると仮に破綻してもそんなに先進国もダメージを受けないような気がします。

仮に積極的に投資をしていたため、ダメージを受ける企業があったとしたらそれは自業自得というほかないでしょう。

そもそも共産主義の場合、経済の実態は見せかけである可能性が非常に高いです。

というのは以前、ソ連が崩壊した後に実態を調べたところ、実際の経済規模は冷戦時に想像されていたものよりもはるかに小さいことがわかったそうです。

同じように中国の場合も経済の規模は表に出ている数字よりも小さいということが予想されます。

共産主義であれば数字はいくらでもごまかしがききます。仮にごまかしていたとしても共産党がわざわざ調べることもありませんしね

そもそも数字のごまかしが日常茶飯事である中国の企業が、アメリカの株式市場やら他国の市場に上場していることが間違っているんですよね。

一時的に混乱はするかもしれませんが、恒大集団もさっさと破綻してくれた方がいいと思いますよ。

ごまかしている企業やらはさっさと退場すべきだと思うのですが、中国に遠慮しているのかそういう意見を言う人はメディアに誰もいないんですよね。

そもそも日本人で恒大集団にわざわざ投資している人はほぼいないでしょうし、それくらい言ってもいいと思いますよ。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA