ウサギ目社畜科

投稿者: | 2020年7月4日

ジャンプ+に掲載されている『ウサギ目社畜科』というマンガに最近ハマっています。

働かないと死んでしまうウサギに似た生物を描いたギャグマンガなのですが、なかなか面白いです。

ウサギ目社畜科というタイトルどおり、月では24時間働いていたらしく労働に喜びを感じるという設定がブラックです。

かわいらしさと働かないと死ぬという言動のギャップが印象的な作品です。今はジャンプ+で読めますが、連載自体はウルトラジャンプに掲載されていたそうです。

しかしウルトラジャンプはマンガに詳しい人なら知っているかもしれませんが、一般の人間はまず生涯目を通すことはないでしょうね。

マニアな自分もジョジョと天上天下くらいしか記憶にないですし、まだ存続していたのかという感じすらあります。

マンガについてはWeb媒体も飛躍的に増えていますし、そもそも媒体が多すぎるような気がします。

マンガに金をかける人も少なくなっているでしょうし、ヒット作が生まれにくくなったように思います。

ここ最近は鬼滅の刃が売れましたが、これもメディアのバックアップの力が大きいですしね。

自分が好きなマンガも紙媒体ではもう採算が取れないからと電子媒体のみの発刊になってしまいましたし、いろいろ考えさせられます。

やはりマンガはコレクション的な側面もあるので、できれば単行本での発刊を継続してほしいのですが、こう発行点数が増えてくるとなかなか難しいのでしょうね。

アプリで読んでいてそんなことを考えましたが、電子化も悪いことばかりではありません。埋もれていた作品にフォーカスを当ててくれるという点はいいところだと思います。先日も『連ちゃんパパ』を知ることができましたからね。

上のジャンプ+をはじめ現在のマンガアプリは買い切りのものがほとんどですが、早くサブスクリプションを実現してくれればいいのになあと思います。

自分はサブスクリプションがあまり好きではないですが、マンガでやれば加入を検討するでしょうね。

昔の作品なんて利益はほとんど生みませんし、作者はまず断らないと思うんですけどね。実現しないのは色々な事情があるのでしょう。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA