不倫は不倫

投稿者: | 2020年1月24日

東出の不倫が紙面を騒がせていますね。 (東出昌大さんの不倫騒動、その代償は? 杏さんに「慰謝料●億円」とならない理由)

今後、離婚しそれに伴い、財産分与やらなんやらすることになるとは思いますが、東出もこうなることを覚悟の上で不倫したのだから当然と言えるでしょう。同情の余地はまったくないと思います。

これは橘玲も『上級国民/下級国民』で言及していましたが、金があってモテる男性は女性と別れたとしてもすぐに次が見つかります。

現代日本では複数回結婚する男性と、一回も結婚しない男性の二極化が激しく進行しています。

顔がいい男性は女性の方が寄ってくるわけで、今回の東出も杏と別れたとしてもすぐ次の女性とくっつくと思います。

今回のケースは東出が我慢できずに婚姻中に付き合ってしまっただけだと言えるでしょう。

とはいえ意外なのがこれを擁護する声が多いということです。(岡村隆史、世間の“不倫はルール違反”に異議 「結婚したらモテたらアカンの?」)(『とくダネ』東出昌大の不倫を擁護するコメントに「何言ってるの…?」)

繰り返しになりますが、東出と杏のあいだには3人子供がいます。不倫は嫁だけでなく子供も深く傷つける行為です。そうした観点を無視して擁護する声が大きいということに違和感を覚えます。

こうした常識的に考えてよろしくないであろう行為を擁護する声があがってくる今の風潮は個人的にどうかと思うんですよね。

ルールを破っておきながらルールが悪いと言いだすようなものです。

以前の吉本の闇営業チュートリアルの徳井の件もそうでしたが、みんなルールを守って誠実に生活しているのに、有名人に限って後から文句を言うのはやめてほしいものです。まあ、こんなことを言っても無駄かもしれませんが。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA