ゲイという合理的な生き方

投稿者: | 2017年7月22日

少し前にホリエモンがニューハーフの大島薫とホテルに行っていたことが話題になりました。

女性に飽きると男性に走るようになるというのはいつの時代も変わりませんね。

私にはゲイの友人がいますが、先日飲みに行った際に話していてゲイというのは実に合理的な生き方だなあと思いました。

同性愛というのは性嗜好であって、生き方ではないだろうとつっこまれるかもしれませんがいくつかそう思うに至った根拠があります。

まずゲイの方はパートナーを簡単に見つけます。

世の中のゲイの方のすべてがそうではありませんが、知人は挨拶代わりに性行為すると話していました。

通常の一般男性の場合は異性をひっかけるにあたり金もかかりますし、確実にベッドインできるという保証もありません。

その点ゲイの場合はまず体でコミュニケーションを取ります。これは非常に合理的と言えるでしょう。

金や時間といったコストをかけずに成果を生み出しています。

またゲイの方が貧乏な方が多いと思われます。

統計を取ったわけではないので断言はできませんが、これは子供を生まないということと共働きが一般的であるということが関係していると思います。

ゲイの方が子供を育てることは基本的にはありませんし、2人とも仕事についている場合が多いです。

確実に収入が2人分入ってくるため収入を気にせず、自分が本当にやりたい仕事を行うことができます。

現在少子化対策が待った無しの状況ではありますが、我々はゲイの生活から学ぶことが実は結構多いのではないでしょうか。

少子化対策を担当している政治家に提言したいです。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA