企業は社員のことを使い捨ての奴隷としか思っていない

投稿者: | 2020年9月4日

ここのところ株価が堅調なせいかセミリタイア系の記事が増えている印象を受けます。

仕事をしているというのは自分の時間を差し出すということですからね。金があれば働きたくないというのは当然のことでしょう。

先日パソナが本社機能を淡路島に移転するというニュースが出ていましたが、やはり勤めている以上、生殺与奪を会社に握られるというのは避けられませんね。(パソナの1200人淡路島移転は「リスキー」だと感じる、3つの理由 (1/6))

日本の企業だと転勤は当たり前ですが、この場合は生涯淡路島で生活しろというのと同じようなことですし、だいぶしんどいと思います。

そもそも生活保護を受けている人間も居住の自由はあるわけですが、それすらも許されない会社員というのは生活保護受給者以下ということとも言えます。

自分一人だけならまだしも家族がいた場合どうなるのかなどなど疑問は尽きませんね。

自分は会社の人間と人間関係を構築するのが下手な口でしたから、仮に小さい島に移り住んだとして休みも毎日顔を合わせるわけでこれは本当にしんどいと思いますよ。

こういった決定を簡単にしてしまうあたりやはり企業は社員のことを使い捨ての奴隷としか思っていないということですね。

今はやりの在宅勤務も結局はコストカットのためにやるのであって、今後福利厚生もバンバン正社員であっても悪化していくのは間違いないと思います。

すでにトヨタも定期昇給廃止するそうですし、労働者の待遇はどんどん悪くなっていくでしょうね。(トヨタ、一律の定期昇給を廃止へ 評価によってはゼロも)

本当に人を馬鹿にした話だと思います。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA