同一労働同一賃金について

投稿者: | 2019年11月25日

今日も株式市場は続伸しました。

ここのところ日経はそこまで上昇していませんが、ジャスダックが上昇していますね。

中小型株が買われているようですので、個人投資家は儲かっている人が多いのではないでしょうか。

Twitterを見ると一年で倍にしたという人がゴロゴロいます。

でもそういう儲かっている人ほどポートフォリオを晒してくれないんですよね。

参考にしたい人に限って何を買っているのかは書き込みません。

まあ手札を晒したところでいいことは何もないのでしかたないと思いますが。

しかしこういい事ばかり書いていますと不安になりますね。

まだ損している人もそこそこいるようですので、ここが天井ではないと信じたいものです。

2020年から同一賃金・同一労働の規定が含まれた法律が施行されるということで少し話題になっています。(同一労働・同一賃金の衝撃 大企業は本当に「非正規社員を救う」のか )

同じ業務内容であれば賃金も同じにするようにしろというものですが、なんでも正規社員の手当を無くし、非正規社員にそろえるというところが多いようです。

法律にのっとって業務をするためにはやむを得ないとはいえ、これは正規社員にとっては痛いですね。

もし仮に自分の手当が減らされたなら怒り心頭になるでしょうね。

とはいえ、非正規からしたら、たいして業務の内容は変わらないのだから、同じ給料をよこせと思うわけで、難しいところです。

労働者の待遇はここ数年ほとんど変わっていないことを考えると、今後は投資しないと手取りを増やすのは難しいだろうなと思います。

手取りは増えていませんが、配当金は毎年増えていっていますからね。

副業を勧める動きが目立ちますが、平行して投資も勧めてほしいものです。

Please follow and like us:
error

関連記事

いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA