苦労するなら若いうちにするべき

投稿者: | 2020年1月21日

今年の日経は自分の持ち株も含めヨコヨコですが、アメリカ株が相変わらず堅調です。

アメリカ株についてはインデックスを積み立てているだけですが、日本株より全然パフォーマンスがいいのでなんだかなあという感じです。

よくインデックスファンドを恒常的に上回るのは難しいと言いますが、アメリカ株にかんしては実感しますね。今後も積立は続けていきます。

それとイギリスは今後利下げをする可能性が大だそうです。金利を引き下げるということは株価が上昇する可能性も高くなります。

自分のポートフォリオにはそこそこ英国株が含まれていますが、こちらも上がりそうですね。

しかし、こうなるとますます日本株とのパフォーマンスの差が開いていきます。

日本株が一番手軽に投資できるので、ウエートは一番大きいですが、今後徐々に減っていくと思います。自分は指数を大きく上回るのは難しそうですしね。

まあ、とはいえ個別株は半分趣味みたいなものなので、日本株もゼロにはならずに続けていきます。

配当も日本円で振り込まれますしね。外国株ですとドルなので面倒なんですよね。

このサイトを見ている人はご存じかと思いますが、先進国では若者の間でFIREムーブメントというアーリーリタイアを目指す動きが生まれているそうです。(ミレニアル世代で話題!「FIREムーブメント」~カギとなる「4%ルール」とは~)

どこの国でも稼ぎのいいエリートほど長時間働かなければならないわけで、こうした動きが生まれるのは必然的でしょう。

むしろ日本でアーリーリタイアを目指す層がほとんど生まれていないのは意外です。

それだけ投資をする層が少ないからというのもあるのでしょうが、稼いでさっさと仕事をやめるという人が少ないというのが意外です。

若いうちに苦労して金を稼ぐというのは意外と重要だと思います。

日本で若くして仕事をやめる人が少ない原因として、以前知人と話をした際に、肩書が無くなるのが怖いという話をしていたのを思いだしました。

まあ自分は人からどう思われようと関係ないですが、他の人はそうでもないようです。同調圧力の強い日本は、金の問題とはまた別の問題があるのかもしれませんね。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA