優待生活のススメ

投稿者: | 2020年8月4日

自分は株で損したとばかり書いていますが、なんだかんだで株をやっているといいこともあります。その最たるものが株主優待でしょうか。

贈り物をもらうと嬉しいのと同じなんでしょう。罠にハマっているようなもんですが、まあしかたないでしょうね。

このところ食事券は昼飯に使い、ヤマダ電機などは日用品を購入しています。

優待をもらうようになってから現金の支出がかなり減りましたね。去年の支出額と比べるとだいぶ減っています。

ただ、株主優待券もここのところの業績悪化を受けてか廃止または改悪をする企業が増えてきています。

先日ライザップのカタログをもらいましたが、案の定改悪されていましたね。しかも人気のある商品はあっという間に売り切れていました。

去年まではジーンズメイトの優待券がもらえたので、それでいいと思っていましたが、今年はなくなっていました。

商品券だと全額持ち出しになってしまうので苦しいのでしょう。食事券とかでしたら一応店の賑やかしになりますが、商品券は確実に利益を圧迫しますからね。

今のライザップにジーンズメイトの商品券を出す余裕はないということなのでしょう。

しかたないので母親に健康食品を選ばせました。食品もほぼゼロでしたからね。せめてカレーがあればよかったのですが。

ライザップもひどかったですが、個人的にもらって困る株主優待一位はヴィレッジヴァンガードの株主優待でしょうか。

ヴィレッジヴァンガードは1年で1万円分の優待券がもらえます。この優待券は2000円ごとに1枚使え、1000円引きで商品を購入できます。

ただ、この優待券かなり使い勝手が悪いんですよね。というのはそもそもヴィレッジヴァンガードという店自体買うものがあまりないんです。

ヴィレッジヴァンガードは本屋ではありますが、雑貨も置いてあるということで一応若者に人気があります。

ただ、本屋とは言っても置いてある本の数が少ないので、優待券の消化のためには取り寄せしないといけないんですよね。

しかも雑貨は定価が当たり前で高いうえ、商品を置く基準が面白いかどうかなので、自分が購入したいと思うようなものがほとんどありません。

しかたなくお菓子を買うようにしていますが、お菓子もコンビニ価格なので、優待券で半額になってもなんだか損をした気分になってしまうんですよね。

本は取り寄せに時間がかかり、雑貨は使えない、お菓子は高いという、ホームセンターや激安スーパーが人気の昨今、残念ながら時代に合っているとは言い難い店だと思います。

ただ、ときどきですが、これはうまいと思うような商品に出会うこともあります。

最近食べた「フジフードサービス ブルースカイ ガーリックシュリンプロール」もその一つです。

まだAmazonのレビューがないですが、エビのすり身、タマネギ、ガーリック、唐辛子などの具材を春巻きの皮にひとつひとつ巻いて作ったもので、ガーリックと唐辛子が効いて、ビールに合う味になっています。

個人的に当たりだったので、また店に行く機会があれば購入したいと思います。

ただ、こういった際物もだいたいは微妙なんですよね。10個に1個くらいしか当たりがありません。お菓子も素直に定番を選んだ方がいいかと思います。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA