人生の終わりをどう迎えるか

投稿者: | 2020年7月9日

今日も持ち株が下がりました。日経はプラスなんですけどね。

コロナの感染者が増えているから日経平均の買いがあったのでしょう。

NT倍率も上昇していますし、株価とは何なのかという感じがします。

しかし何度も繰り返し書いていますが高配当株のパフォーマンスが芳しくないですね。

こう冴えないと成長株に少しずつシフトしていくのもありなのかもしれません。

特に今年になってから資源株は減配が出ましたからね。このままいくと他の会社もわれもわれもと減配しそうな予感がしています。

最近オリックスを買い増しましたが、資源のダメージがないかどうかが不安ではありますね。

それはさておき以前から噂がありましたが、やっぱり蛭子さんは認知症になっていたそうです。(蛭子能収 レビー小体病とアルツハイマーの合併症…テレ東番組で判明)

前々から挙動がおかしかったのでやはりという感じですが、人間70も超えると悪いところが出てくるのは仕方ないですね。

あまりくよくよするような性格ではなさそうなので、認知症になりにくいのかなと思っていましたが関係ないようです。

蛭子さんは家族もいますし、今後何かあっても面倒を見てくれる人がいるわけですが、独り者が増えている昨今、誰しも面倒を見てくれる人がいるというわけにはいかないでしょうね。

自分の場合もほぼ間違いなく孤独死になることが予想されますから。

こういった問題こそテクノロジーで解決してほしいものですが、なかなか生き死ににかんするところは解決するのも難しいのでしょう。

死ぬときのことは関係ないと言っても結局人生の終わりをどう迎えるかというのは大きな問題ですからね。色々と考えるところはありそうです。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA