私的このマンガがすごい!2018 その1

投稿者: | 2018年1月8日

このマンガがすごい!2018の第1位は『約束のネバーランド』でした。

嫌いではないんですが自分的には正直納得していないんですよ。

面白いとは思うんですけど他にあるんじゃないかというのが正直なところなんですよね。

てことで自分が2017年に読んだマンガで面白かったものをランキングにしてみました。

とりあえず今日は10位から5位まで。

第10位 阿波連さんははかれない

ジャンプ+で連載中。『デンキ街の本屋さん』の水あさと氏の新作です。

人との距離をはかれない阿波連さんと隣の席の来堂くんとの交流を描いた作品。

2人のやりとりが和むんですよね。とりあえず堅苦しいことは何も考えずに読めます。

第9位 大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック

アフタヌーンで連載中。『謎の彼女X』の植芝氏の新作。

父親を亡くしたらなぜか高校時代の母親の姿がフラッシュバックするようになった息子の話。

前作では彼女の唾液というニッチ過ぎるジャンルで攻めてきましたが、今作は母親とのラブシーンを追体験するというさらにマニアックな話を持ってきました。

バブみという言葉も生まれているので意外とウケるかもしれません。

第8位 銃座のウルナ

コミックビームに連載中。『エイス』の伊図氏の新作。

近世のヨーロッパ風の架空の世界を舞台とした戦記物で女性の敏腕スナイパーが主人公です。

この人の作品は先が読めないんですよね。

とりあえず世界観の練りようは相当なものです。

第7位 プリンセスメゾン

やわらかスピリッツに連載中。最近売れつつある池辺氏の作品。

ドラマになるなどそこそこヒットしてるのでここに入れるのもどうかなとも思うのですが印象深い作品でしたのでランクイン。

マツコの知らない世界でも紹介されていました。

居酒屋で働く26歳独身女性の沼ちゃんがマンションを買うという話です。

はっきり言ってマンションを買うということをこれほど突き詰めて描いたマンガは今までにありません。

マンションを通して人生を描いた傑作といっていいでしょう。

第6位 僕はまだ野球を知らない

モーニング・ツーに連載中。『ハルロック』『犬神』の西餅氏の新作。

工業高校の野球経験はないけどやる気はある若手教師が野球部の顧問になったという話。

高校野球にセイバーメトリクスを導入したらどうなるのかというかなり実験的な作品です。

相手チームの采配パターンを読むため監督の休日の行動をストーキングして分析するなど監督の発想が狂っています。

理系が本気で野球やったらどうなるのかを描いたなかなかに興味深い野球漫画です。

そもそも前二作もかなり実験的な作品だったんですよね。

売れるマンガを描くということを考えておらずそういったことを超越して描いているような印象を西餅氏からは受けます。

ただ自分は結構作者のノリが好きです。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA