華やかな業種は意外と儲からない

投稿者: | 2019年11月8日

ペイペイフリマで100円クーポンが配られていることに気が付かずに購入してしまいました。

これから改善されるとは思いますが、配布されているのかどうかわかりにくいです。

自分はAmazonなどで購入したあとやっぱりやめたとキャンセルすることが非常に多いのですが、フリマアプリはそれができないのが痛いですね。

キャンセルをしてクーポン適用するということができないのが地味に痛いです。仕方のないことですが。

昨日の話になってしまいますが、メルカリも70億もの赤字を出してきました。

さすがにこの数字はインパクトがあったようで、今日の相場ではストップ安まで売り込まれました。

メルペイではペイペイの後塵を拝していますし、米国事業もなかなか芽が出ないで、メルカリも苦しい戦いが続きますね。

メルカリが苦戦している様子を見るとピーター・リンチの言葉が思い浮かびます。

マゼランファンドを運用していたピーター・リンチは高成長の産業は注目されるために、競争相手が多く集まってしまうと言っていました。

そのため、華やかな業種は思ったより儲からないというのが彼の言い分でした。

メルカリをはじめとするテック企業は赤字垂れ流しの企業が多いですが、これは競争が厳しすぎて思うように儲からないからなのでしょう。

ソフトバンクの赤字もweworkが原因でしたしね。

とりあえず今からメルペイが覇権をとることはまずありえませんから、今後はますます苦しくなるだろうなあと思います。

下手するとフリマアプリでもペイペイフリマに客を取られてしまう可能性すらあります。

そうなると会社自体が傾く恐れが出てきます。

Please follow and like us:
error

関連記事

いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA