宝島社の書籍『年収200万円で豊かに暮らす』が物議 Twitterで「暮らせるわけない」などの声 「年収200万円」の国民構成比は?

投稿者: | 2022年6月21日

このところはフルタイムで働いているのに収入が低いという人間が増えています。

最近宝島社が6月7日に出版した『年収200万円で豊かに暮らす』(759円)という書籍がTwitter上で物議を呼んでいるそうです。(宝島社の書籍『年収200万円で豊かに暮らす』が物議 Twitterで「暮らせるわけない」などの声 「年収200万円」の国民構成比は?)

まあ、自分は低い収入であっても人と比べず、いかにして満足感を得るかということは重要だと思いますが、なんでもネット界隈では盛り上がっているみたいですね。

まあ、自分のように働いていない人間が使える金が少ないというのはしかたないですが、働いている人間が節約生活を強いられるというのはどうなのかなと思わなくもありません。

賃金が30年上がっていないことを考えると残念ながらこれは完全に政治が悪いと言わざるを得ないと思います。仮に自分が年収200万円台であればFIREなど夢のまた夢ですからね。

こうした層は基本的に老後のために貯蓄もできないわけで、今のままの社会保障制度が維持できなくなるかもなあと思わなくもありません。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA