安倍首相は「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」か

投稿者: | 2020年8月28日

今日お昼に株価がズドンと下がりましたが、なんでも安倍総理が辞意を表明したそうです。

これだけ安定して政権を運営してきたというのは世界的に見ても珍しいので、次の人はだれであれ大変ですね。

願わくば中韓にはっきりものを言える人物に後を引き継いでほしいものです。

辞職の噂は以前から出ていたので驚きはありませんが、思った以上に株価が下がりました。

やはりなんだかんだで、株価を上げたという点はおおいに評価すべきだと思います。次の人も路線を引き継いでもらいたいものです。

総理の持病の「潰瘍性大腸炎」は激しい腹痛や下痢などの症状がある難病で非常にしんどいんですよね。同じ病気の人は通勤にすら難儀すると言っていました。

それだけの難病を持ちながらも日本のために長年仕事をしてきたわけで、なかなかできることではないなと思います。

今はゆっくり休んでほしいですね。総理と言えど人間ですので、自分の体を労わってほしいと思います。

というのが日本においてそこそこ多くの人が持つ考えだと思いますが、民主党の議員は違うようですね。(安倍首相は「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」 立憲議員が自民批判)

よりによって大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物とはあまりにも言い過ぎです。

こういった発言が出るあたりが民主党たるゆえんですね。感覚が日本人とあまりにもかけ離れています。

今の自民党がいいとは言いませんが、少なくとも病人をけなすような発言をする人が幅を利かせる党よりはマシでしょうね。

政治を学ぶ前にまず人の心を持ってほしいものです。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA