円安が進む日本は、タイやブラジルよりも「貧しい国」になっていた

投稿者: | 2021年11月20日

大谷が満票でMVP受賞しました。

WARの数字も突出していたので他に投票するのは無理だろうとは思っていましたが、実際その通りの結果になりましたね。

なんでも経済効果も半端ではなく今後1年間の経済効果が250億を超えるそうです。(エンゼルス大谷がMVP満票受賞 「空前絶後の経済効果」 1人で1年間日米252億円!)

なんでも今季のオリックスの25年ぶりのリーグ優勝(約231億円)よりも上だそうでずいぶん景気のいい話だなと思います。

まあこれもやはり日本ではなくアメリカだからなのでしょう。

恐らく再来年には単年40~50億円くらいの契約を結ぶと思いますが、日本とはつくづくスケールが違うなと感じますね。

ただ自分が子供の頃はアメリカと給与面でここまで差はなかったんですよね。

ここ20年の間に加速度的に差が広がってしまったように思います。(円安が進む日本は、タイやブラジルよりも「貧しい国」になっていた)

給料が上がらない間にここ最近なんやかんやで物価が上昇してきていますからね。

今ガソリンがやたら価格が上がっていますが、そのうち食品やらなんやらに価格転嫁してくると思います。そうなってくると自分もますます暮らしにくくなりますね。

何度か書いていますが、そのうち食品の買い負けが増えそうで正直不安です。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA