労働条件は柔軟に変更できる方がよい

投稿者: | 2019年8月29日

久々に近所のスーパー銭湯に行ってきました。

夏休みということもあり、お子さんが多かったです。

今日は平日料金でしたが、料金表見るとだいたい休日の方が高いんですよね。

都心のスーパー銭湯なんて休日はどこも混んでいるのに、料金も高いってなんだかなあという感じです。

仕事していたら仕方ないでしょうけど複雑です。

自分の経験上、週5日と4日では仕事のキツさがかなり違うので、早く週4日にすればいいのになあと思います。

そうすれば土日とは別にどっか平日で休めるようになるので、平日空いているときに遊びに行けますよね。

そもそも以前から不思議だったのですが、週5日勤務が当たり前というのは、誰が決めたのでしょう。

8時間労働もそうです。日本は賃金が上がっていないとは言いますが、最低限の生活に必要な金額というのは自分の印象では徐々に下がってきている印象です。

例えば家賃も都心部は高いですが、郊外ですと相場が安くなってきたりしています。

また、食料品の価格はやや上がっていますが、電化製品などは性能比での価格は毎年どんどん下がっていっています。

今使っているスマホも数年前からは考えられないくらい安くなっています。

そう考えると、そこまで長時間働かなくても生活できるんですよね。

高額な報酬が必要なのは派手な生活をしたいか、教育にお金をかけたいという人間が主となるのではないでしょうか。

そう考えると、現在働き方改革が取り沙汰されていますが、同じように労働条件も見直しした方がいいのではないでしょうか。

必要な金額は一人一人異なるわけで、それぞれに合わせた働き方ができるようになればいいと自分は考えます。

例えばこれなら週2日なら働けるという人間も社会参加できるといったように、今まで労働市場に参加していなかった人間も働くことができるのではないでしょうか。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA