アーリーリタイアを目指す若者は増え続ける

投稿者: | 2020年1月9日

今日の相場は終日強かったですね。イランとアメリカですが、これで手打ちになりそうです。

今回の小競り合いで戦争が始まるということを危惧する人が多かったですが、彼ら権力者が何より恐れるのは自分の椅子を失うことなわけで、その座を脅かす戦争は絶対避けるべきものというのは一致しているんですよね。

以前読んだ『21世紀の資本』にも、戦争をすることで資産がリセットされるとありました。

トランプもハメネイも自分が一番なわけで、戦争を回避するためなら何だってすると思いますよ。

以前読んだ『FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実』でも戦争は極力避ける方針でいこうとしているのが見て取れましたしね。

21世紀になってから国同士の戦争は起こっていませんし、権力者同士お互いになあなあでやっていくのが21世紀のトレンドなのかもしれません。

それはさておき、ここのところ若くしてセミリタイアを目指す人の記事をよく見かけます。(年収1000万の33歳が「1000円ヘアカット」を愛用するワケ。早期退職を目指す若者たち)

記事の人物は大手ITサービス企業に勤務し、30代半ばにして年収は1000万円以上です。にもかかわらず、節約生活を送っているそうです。例を挙げると、

・ヘアカットは1000円

・携帯は格安SIM(4000~5000円)

・食費はふるさと納税で削減

・女性とのデートはお弁当での公園デート

・支払いはほぼすべてクレジットカードや〇〇ペイによるポイント獲得

・本を読む場合も基本的に図書館

という生活をしているとのことです。

これについて記事の中では凄まじく、徹底しているとありました。

自分からすると当然に思える内容(女性との公園デートは難しいかもしれません。)なのですが、世間の人からするとそうではないというところに温度差を感じますね。

仕事をしているときにも常に感じていたのですが、仕事の時間は本当に人生の中で無駄な時間なんですよね。

先日フィンランドでニュース(世界が報じたフィンランドの週休3日制の誤報はどうやって生まれたの?)になりましたが、仕事の時間はどんどん減らしていくべきであり、貯金と投資はそのための手段です。

ですので、今後先進国ではアーリーリタイアを目指す若者が増えていくのは止まらないと思います。

投資はリタイアのための手段ですが、これについても、最近はLINEなどでも証券サービスを始めています。(LINE証券、口座開設すると株の購入代金が最高3株分もらえる「初株チャンス」)

ちなみに今口座を開設すると3株分の株がもらえるそうです。

購入手数料は0円で、なおかつポイントで株が買えるなどだいぶ投資のハードルを下げており、とりあえず口座だけでも作ってみるのもいいのではないでしょうか。

Please follow and like us:
error
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA