日本人はセミリタイアを恐れすぎだと思います

投稿者: | 2017年7月27日

最近はよく2chのセミリタイヤスレを覗いています。

2chはウソが非常に多いので、セミリタイヤしていると言っていても実際にしているのかどうかはわかりませんが、境遇を見るのはなかなか面白いです。

ただ気になったのは2000万では足りないとか5000万は必要だとか人によって言っていることがバラバラだということです。

実際にセミリタイアした人で本を出した人も非常に少ないです。

おそらくセミリタイアにモデルケースといったものはまだ存在しないのだと思います。

私は年100万程度あればそれなりに健康的な生活を送ることができると思っていますが、スレを見ているとこうした人間は少数派なようです。

セミリタイアするのであればできる限り貯金をした上でなければ破綻すると考えている人は非常に多いです。

しかし私には周りの人間がそれほどしっかり貯金をしているとは思えません。

定年時にみんな3000万程度残した状態で仕事を退職しているわけではないと思います。

それから金が無いイコール不幸であると考えてしまうということも早計です。

以前『クレイジージャーニー』という番組でフィリピンの特集をしていました。

フィリピンの人口は1億人で日本と同程度ですが、生活は非常に貧しく、スラムがそこかしこに存在しています。

番組では、墓の上に家を作り生活をしているという住民の姿が放送されていましたが、非常にインパクトがありました。

スラムが多いのは聞いていましたが、墓の上に建てるというのは日本ではあり得ないことです。

しかし、その日を生きるために全力を尽くす彼らの姿はたくましいと私は感じました。

感じ方は人それぞれであり、自分の考え方は少しおかしいかもしれません。

しかし、こうした人々は日本人のように老後の貯金がいくら必要とか考えて日々を過ごしているのでしょうか。お金が無くて大変だということばかり考えて毎日過ごしているのでしょうか。

私はそんなに深くは考えていないと思います。

話のレベルが違うと言われてしまうかもしれませんが、日本人はこうした方々の生活から見習うべき部分があると思います。

はっきり言って日本に生まれたというだけで超イージーモードです。

食べ物は安いし、金が無くなったとしても生活保護はあるし、仕事もこだわらなければ見つからないということもまあ無いし、餓えて死ぬこともあまり無いでしょう。

日本人はもっと気楽に考えてセミリタイアに突入してもいいと思います。

Please follow and like us:
error
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA