なぜ29歳でセミリタイアしたのか

自分は大卒後入社し、8年目の5月に29歳でセミリタイアしました。

いくつかセミリタイアしたいと思った理由はありますので順番に説明していきます。

1 自分がやりたいこと以外はやりたくない性格だった

これが一番大きいのですが、とにかく自分の性格上やりたくないと思ったら我慢ができないタイプなんですよね。

入社する前に特段やりたいこともなく、それなりの待遇の会社に入社しましたが、案の定毎日何のために仕事に行っているのかわからなくなりました。

仕事を何のためにやっているのかわかりませんでしたし、この仕事は自分でなくても問題ないと

2 不労所得が発生し始めた

自分は27歳のときから株式投資を始めました。

それまでもいわゆる子供部屋おじさんでしたので給料の9割は貯蓄してきましたが、株式投資をしてから資産の増加が加速しました。

現在では配当で生活費を賄うこともできています。

この状態になったときにはさらに仕事に行く気が無くなりました。

また、住処もローンの返済を終えているというのもセミリタイアを決意した一因でもあります。

3 特段ほしいものがない

これは最近気が付いたのですが、自分の場合金があっても幸福度はそんなに上がらないんですよね。

スーパー銭湯に行ってだらだらマンガを読む方がしあわせです。

どちらかと言えば働かないということに幸せを感じるというタイプであることもセミリタイアに至った理由ではあると思います。

ただ、やはり家族はほしいとは思いますね。

こんな自分でも構わないという人がいればお付き合いはしたいものです。なかなかいないでしょうが。

いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ