TikTok米事業売却について

投稿者: | 2020年8月2日

日本の企業もぼちぼち決算シーズンに突入してきました。やはりというかほとんどの企業は悪いですね。黒字ならマシという感じです。

あんまり真剣に見ていませんが、家にいても消費できるZOZOなど通販関係の企業やスーパーや運送会社などは決算がいい印象です。もう生きるのに必要なものにしかお金を使わないんでしょうね。

おそらくこれらの銘柄に寄せている人の不安は少ないでしょう。

逆に自動車や航空、飲食などは軒並み悪いですね。

自分の持ち株も年初来安値に近づいている会社が多くみられますので、よほど厳しいのでしょう。

今は銀行も金を貸してくれるので簡単に潰れはしないでしょうが、今後どうなるのかというのは少し不安になってきました。

為替は先週ドル安が進みましたが、週末だいぶ買い戻されました。

自分も105円割れることはほとんどないと思っているので、余っている円でドルを購入しました。

今はなんだかんだで金余りですし、今後もドルの需要は高いのではないかと思います。

ドルで何買うかはまだ決めていません。無難に下落したときにETF買うかもしれませんね。

買うと言えばマイクロソフトがTikTokの米国事業を購入するそうです。(バイトダンスがTikTok米事業全て売却の用意、禁止回避で-関係者)

TikTokについて名前は聞いていますが、自分は全然理解できないんですよね。

そもそもインスタに写真をアップするだけでもえらいことだと思っているのに、ダンスを動画にアップロードするってどんだけ自分に自信があるんだろうかといった感じです。

自分の場合SNSはmixiですらついていけなかったので、もうこのところの動きというのは理解不能です。

トランプはTikTokで中国は機密情報を集めていると主張していましたが、ダンスの動画ばかりアップされているのに機密情報もへったくれもないと思います。

まあ中国は叩いておく必要があるので、ファーウェイと同じく伸びている部分は潰しておく必要があるんでしょうね。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA