『ザ・ノンフィクション』『母の涙と罪と罰 2020 前編 ~元ヤクザ マナブとタカシの5年~』

投稿者: | 2020年10月28日

ANAが大赤字を出してきました。(ANAホールディングス 過去最大5100億円の赤字見通し)

さすがに飛行機は飛ばなくなるとまったく利益も出ませんね。

当分利益も出ませんし、電車と違い値上げも競争が激しいため、できないことを考えると国有化か合併くらいしか生き残る道がなさそうです。

このせいか自分が持っているリース関係も飛行機を持っているせいか減配が相次いでいます。

素直に上昇している株を買えばいいのかもしれませんが、自分は結構性分が天邪鬼なんでしょうね。ついつい下がっている株ばかり買ってしまいます。

しかたないのかもしれませんが今年は減配する企業が多すぎです。

昨日からアメリカ大統領選盛り上がっていますね。

バイデンも息子のハンターの件が出てきてから雲隠れしているようですし、とんでもないことになってきました。

トランプもtwitterで沈黙していますし、とりあえず全貌を明らかにしてほしいものです。

ハンターも薬物やっていたようですが、そんなにクスリってのは良いもんなんでしょうかね。(前科・薬物依存からの“やり直し”…支援を諦めない元ヤクザから密着Dが伝えたい「希望」)

こないだのザ・ノンフィクションでも覚せい剤の使用を繰り返し、12回の逮捕で計30年間を刑務所で過ごした66歳の老人が出てきました。

出所したばかりなのでもう覚せい剤はやらないとは言っていましたがみんな信用しないよなあと見ていて思いましたね。

こういった刑務所に入る人は知的に障害を持っている人がそこそこいるようですが、そうした人はどうやって覚せい剤を手にいれるのかなあというのは前々から疑問に感じていました。

まあ、興味があるわけではないのですが、どういうつながりで手に入れるのかというのは気になりますね。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA