まだ捕まってないだけの詐欺師

投稿者: | 2021年1月14日

西野の映画が話題になっていますね。(「捕まってないだけの詐欺師」説が再燃 『えんとつ町のプペル」製作者・西野亮廣氏が闇で放った“禁断”ビジネス』)

誰が見に行くのやらと思っていましたが興行成績もけっこういいようです。

1月4日に『興行通信社』が発表した興行成績ランキングで3位にランクイン。前週の4位からランクアップし、2週目ながら、土日2日間で動員11万5400人、興収1億6500万円を記録した。1位は社会現象真っ只中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』だそうです。

ただ、西野はオンラインサロンの人間に台本つきのチケットを複数買わせてそれを売らせるということをしているそうです。(これが西野ビジネスの闇か オンラインサロン会員に向けて放った「きな臭い」ビジネス手法)

なんでも会員は前売りチケットと台本を原価の3000円で購入でき、それに上乗せした価格で他者に販売することで、利益が得られる仕組みになっていたとのことです。

この人物はこれを80セット約24万円分購入したそうですが、全く売ることができなかったそうで、結局自分で映画を80回見ることに決めたそうです。

西野の手法はもちろんいただけないです。チケットを大量に買わせて売らせるというやり方は犯罪すれすれですからね。

ほかにも以前東京タワーで展示をした際、準備をする権利と片付けをする権利をそれぞれ5万円で売り出したことがありました。

これに関しては西野が来ないにもかかわらず5万円を払わせたそうです。

金を払わせて準備片付けをさせるという発想はどうかしていますが、正直これに関しては騙される方に問題がありますね。

儲かっている人間とかかわると自分も儲かるような気がしてくるんでしょうかね。サロンに入って話を聞くという人間の思考というのはとんと理解できません。

新興宗教にそっくりだなと話を聞いていて思いました。はっきり言ってサロンの会費なんて教祖へのお布施と同じようなもんだと思います。

一番上の記事で大悟が「捕まってないだけの詐欺師」と評していましたがまさにその通り。今はガンガン金が集まってきていますが、そのうち痛い目に遭うのではないでしょうか。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA