ちょっと心配な家族がおりまして~母と私と姉夫婦の話~

投稿者: | 2021年10月10日

ここ最近闘病ものが続いていて真剣に見る気が無くなっていたザ・ノンフィクションですが、先週は強烈なキャラクターが生まれましたね。(ちょっと心配な家族がおりまして~母と私と姉夫婦の話~)

番組ディレクターの姉夫婦に密着した回です。ディレクターの姉はうつ病を中学2年生の時から患い、不登校になり、のちに「うつ病」と診断されました。

この姉もうつ病で働けないということで問題があるのですが、この夫がそれに輪をかけてパンチが効いたキャラをしています。

この姉は通信制の大学に通い出した26歳の時、講師をしていた24歳年上のシゲキさんと結婚します。

シゲキさんが親から譲り受けた家で暮らす姉夫婦だったが、シゲキさんの両親が亡くなると雲行きが怪しくなる…というのがおおまかな流れです。

現在この姉は44歳なわけですが、これまでずっと両親から経済的援助を受けながら暮らしてきました。

シゲキさんには、生活を支えていくだけの収入はなく、姉は、症状が改善せず、働くことはできない…ついに、両親の遺産も含め、貯金を使い果たしてしまいました。

普通なら金が無くなれば多少なりとも焦ると思いますが、この二人は全く焦りがないんですよね。

今まで誰かが援助してきて働かずとも生活できたからか、金を使うということに全く抵抗感がありません。

夫の方は番組の中で親から譲り受けた家を売り、当面の生活費に充てようとするのですが、その後に越した家も都内の4LDKと分不相応にでかく、やることがめちゃくちゃです。

小説も投稿しているようですが、今まで箸にも棒にも掛からなかったのに直木賞の受賞可能性は高いとまで言っています。

労働しないとここまで世間ずれした人物になるのかと非常に興味深い内容でしたね。

このところザ・ノンフィクションでは前後編が多いのですが、正直前後編にするまでもないものがほとんどでした。

ただ、この夫婦に関しては1回でなく前後編で放映するべきでしたね。1回で終わらずにはもったいない逸材だと思います。

しかし身内にこんなのがいたらたまりませんね。妹もディレクターだから撮影しているのかもしれませんが、たかられる前に逃げないとヤバいと思いますよ。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA