誹謗中傷はダメだが言論の自由も尊重すべき

投稿者: | 2020年5月24日

ここのところネット界隈で叩かれたために自殺したという事件が話題になっています。(「ネットで標的に」木村花さんの死亡 海外メディアも次々報道)

亡くなられた木村花という人はプロレスラーで写真を見るととても自殺しそうな感じに見えませんが、twitterでの誹謗中傷はショックだったのでしょう。

テラスハウスという番組を自分は見たことがないのでなんとも言えませんが、先日の岡村隆史の件もそうですけど、個人への叩きが最近は行き過ぎているように思います。

ただ、今までネットの叩きが話題にならなかったのは正直意外ではあります。やはり若い女性の命の価値は非常に大きいということなのでしょう。世論が動き出すのを感じます。

自殺したのはやはりtwitterというSNSのシステムによるところが大きいでしょう。

自分がよく見る5chは直接本人の目に悪口が入るわけではないですが、twitterの場合はダイレクトにメッセージを送信できますからね。

テレビに出演するというのは誹謗中傷もあるということで、そこでtwitterのアカウントという窓口を置くのは精神が強くない人間にとってやはりリスクがあると思いますよ。

実名でネットに参入することに起因するトラブルは、匿名のときとは比べ物にならないくらい多いと思われます。

もし自分が今回のようなメッセージを直接送られたとしたら、まず立ち直れないでしょうね。

今回の件で自分が危惧するのは、マスコミがこの機会にネットの大規模規制を叫ぶのではないかということです。

自分はtwitterはやりませんが、5chは毎日見ています。番組やニュースにかんして率直な意見や悪口も好きに書き込めますし、非常に面白いツールであると思います。

ただ、マスコミにとって都合の悪いニュースも当然書き込まれることが多いわけで、この機会に一緒に潰してしまおうと考えないかどうかは気になりますね。

マスメディアというのは強大な力を持っています。先日の検事の定年のときもそうでしたが、有名人を使って簡単に世論を動かすということをしてきます。

誹謗中傷はもちろんダメですが、言論の自由も尊重すべきであるということをマスコミは頭に入れてほしいものです。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA