コロナウィルスで中国経済も崩壊するかもしれない

投稿者: | 2020年2月8日

メルカリなどのフリマアプリでマスクの転売がなされており問題になっています。(【新型肺炎】500箱まとめての高額出品も…メルカリが「マスクの適切な取引」呼びかけ 今後の売買禁止の可能性を聞いた)

さすがにこれを認めると食料の買い占めもどうなんだという話になるので、出品禁止したのは当然のことと言えるでしょう。

コンサートのチケットや家電の転売ならまだしもマスクは人の弱みに付け込むことになるのでこうした行為を認めるべきではないと思われます。

しかし不思議なのは道行く人が結構マスクをつけているということです。

あらかじめ買いだめしていたのでしょうか。

自分の家にも少しはありますが、これが終わるともうマスクも無くなってしまうんですよね。

コロナウィルスについては、重篤化する危険性よりも感染力が強すぎることによる経済的影響の方が大きいような気がします。

中国も1月の貿易統計の発表を見送りました。(中国、貿易統計発表見送り 新型肺炎が影響か)

貿易の数字については相手国がいるので捏造が難しいそうです。

当日に公開を中止したそうですので、そもそも数字が上がってこなかったのかもしれません。

先日中銀は金融市場に18兆円を投入しましたが、やはり相当なダメージがありそうです。(新型コロナウイルス、人民銀18兆円対策で中国経済「墜落」防げるか)

中国にとっては何人死のうがどうでもいいことですからね。

ソースが大紀元なので鵜呑みにしていいかどうか疑問ですが、武漢の病院の環境は相当劣悪なようです。(武漢市、臨時医療施設3カ所を設置 患者「まるで強制収容所」)

こういったニュースを見ると中国の発展とはなんなのかと思わずにはいられません。

なんだかんだ落ちぶれたと色々言われる日本ですが、そもそも日本人として生まれただけで超がつくほどの幸運なんですよね。ありがたいことです。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA