コロナにみるマスコミの報道姿勢について

投稿者: | 2020年5月25日

今日は新興株が異常に強かったですね。マザーズがものすごい勢いでここのところ上昇し、とうとう年初来プラスになってしまいました。

自分のポートフォリオも少し恩恵にあずかることができました。とはいえまだまだマイナスではあるんですけどね…。プラスになる日がはたして来るのか。

コロナも収束しつつあるということで諸外国の記事には日本を賞賛するものがちらほら掲載されているようです。(コロナ対策に成功しているのに「失敗した」と思い込む不思議な日本人)

まあ何万人も亡くなっている国からしたら日本が死者数を抑えているのは、羨ましいことなんでしょうね。

韓国のように個人情報収集することもなく、たいした対策なしに収束してしまいましたし。

ちなみにアメリカでの死者数は10万人に迫っているそうです。数字にしてしまうと実感はわきませんが、それだけ多くの別れがあるわけでなんとも言えません。(新型コロナがもたらす最期 死者10万に迫る米国が直面する現実)

今回のコロナで改めて感じたのは日本の報道のレベルの低さ、特にワイドショーがひどすぎるということです。(『モーニングショー』玉川徹がスクープ?翌日一転して謝罪(番組訂正を受けた追記あり))

ろくな知識もないコメンテーターががなり立てるメディアは、不安を増幅する装置としてしか機能していません。

センセーショナルな内容でないと視聴者に見てもらえないと考えているのかもしれませんが、誤った情報を発信しないでほしいと考えるのは自分だけでしょうか。

まあ、こんなこと言っても無理なんでしょうけどね。メディアが自省することは絶対にありえませんからね。

しかしこうして反省を絶対しないという性質は、どこぞの国と精神構造がまるで同じです。中枢にいる人間がどれだけ関わりが深いのかと疑いたくなってきますね。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA