「このまま働かずに給料をもらい続けたい」コロナ禍新入社員の本音

投稿者: | 2020年8月17日

定額給付金の話題もほとんど聞かなくなりましたが、まだ申し込んでいない人も1%くらいはいるそうです。(「10万円給付」期限迫る…未申請ナゼ?)

記事によると若い世代の未申請率が高いそうです。こういっちゃなんですがただでお金が落ちているようなものなのに申請しないのは、どういう生活しているのだろうとは思いますね。

忘れてしまったからもらいたいという問い合わせも入っているようですが、期限が過ぎた場合は断っているそうです。そういう人間も一定数いるのはもうしかたないと思います。

ニュースによると南足柄市では未申請の世帯に一軒一軒電話をかけて申請を促したそうです。

そこまでやってくれる役所のやさしさは素晴らしいとは思いますが、もっと簡単に給付できるような仕組みにしておけばよかったのにとは思いました。今年の給付金に関する騒動を見ていて切に感じましたね。

今年新卒で入社した人はまだ在宅勤務の人が多いそうですね。(「このまま働かずに給料をもらい続けたい」コロナ禍新入社員の本音)

自分の友人もまだ在宅勤務でまともに会社に行っていないような状況が続いているそうです。さして大きくない会社でもこんな有様なようです。

しかし。自分が入社したての頃は本当に右も左もわからないような状態でしたが、今の新入社員はどうなるんでしょうね。

新人にできる仕事なんてないですし、言葉通り本当にただ飯食らいです。上の記事で取材を受けている人は入社早々自宅待機を命じられ、ゲーム三昧でも給料が8割補償されるという生活になったようです。

その結果働かずに給料をもらい続けたいと考えるようになったとのことですが、働かずにお金がもらえるとあれば当然そうなりますよね。

新人の頃は能力もないわけですが、それに加えてやる気も無くなってしまったら、話になりませんね。

結果もっと楽に稼げる仕事に転職したいと考えるようになったとありますが、さすがにその考えだと今後苦労しそうだなと読んでいて思いました。

Please follow and like us:
いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA