日本は既得権益層が強すぎる

投稿者: | 2019年11月7日

デレステをプレイするためにスポンジゴムなるものを購入しました。

これを使うとスマホがぶれません。すこぶる快適にプレイできます。

ただ、机に貼らないといけないのが難点ですね。剥がした際に後が付かないかどうかが心配です。

昨日のクローズアップ現代で非正規公務員の特集をやっていました。(揺れる“非正規公務員” ~急増する背景に何が?~)

クローズアップ現代はときどきためになる特集をやりますね。

なんでも台風の際に自治体職員の中に非正規職員が多いために、災害対応にあたることができなかったとの話でした。

非正規職員のうち4分の3が女性とのことで、特に独身の女性が非常に生活に苦労しているようです。

冒頭の女性は週30時間勤務で手取り12万円のため、深夜清掃のアルバイトをしているとのことでした。

公務員の仕事というのは、極端な話やってもやらなくてもいい仕事が多いんですよね。

災害対応についてもできなかったらすみませんですみますし、非正規職員に任せている仕事もこういった仕事が多いというのも事実でしょう。

窓口対応にクオリティは要求されませんし、図書館の司書もしかたないから置いているようなものですしね。

10年間で非正規職員が4割増えたと報じていましたが、自治体が本気で人件費の削減に載り出したらこんなもんじゃないと思いますよ。

昨今の派遣会社の隆盛を考えるとどんどん派遣で賄う領域が増えていくのではないでしょうか。

正規の公務員の給料を下げることは不可能ですからね。

まあ、そうは言っても朝7時から夜8時まで働く非正規教員の話も出ていましたが、こうした人が存在するのは問題です。

というのはこの女性教員の業務内容は正規教員とほぼ同じですよね。

国が同一労働同一賃金を掲げているにもかかわらず、こういった取扱いをするのはおかしいかです。

結局既得権益層が強すぎるからこういうことが起こるんですよね。もっともこの問題は公務員だけでなく、大企業でも同様だと思います。

若い人こそ金が必要なのに本当にもったいないことです。

Please follow and like us:
error

関連記事

いつも見てくださってありがとうございます。 ブログランキングに参戦しています。モチベーションが上がりますので応援よろしくお願いします!→ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA